我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、日本人として 何とかしなければと想います。武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが降りて来てくれました。その天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を未来へ紡ぐ。

自然と生活圏とが入り交じる融合美 独歩とともに武蔵野を見る…

f:id:toshi-kuma25317:20170208043547j:image                                                                 武蔵野 情景 画

 

飽くまで 個人的な好みで言えば

私が最も好きな景色は 街場に隣接している郊外

である

 

河岸や丘陵地などがあれば 尚更 心焦がれる

 

その中でも都心の郊外である武蔵野は

私の中に於いては かなり魅力的なところと言える

 

抑え気味に言ってしまったが直接的に言えば

私は武蔵野が好きである

 

国木田独歩の随筆に触れ そして その情景は勿

論のこと風物詩に焦がれ

 

宿泊がてら ひとりで何度も足を運んだ

 

街と自然とが絶妙に交じり合って その境目が見

当たらない

正に 入り交じるとは このことであろうか…

 

街が自然の一部となり また自然が街の延長上にある

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170208043636j:image                                                                武蔵野の はやし

 

独歩が 今の武蔵野の姿に大きな影響を与えてい

るのは 紛れも無く確かなことであり

 

ひとりの随筆家が この様な形で

街づくりは勿論のこと

 

周辺の自然と人間社会との関わり方にまで

その想いの息吹を吹き込めるということは

余りにも稀なことでは ないだろうか

 

 

国木田独歩「武蔵野 」より 次にお届けしたい

 

『 武蔵野を除いて日本に このやうな処が どこにあるか

北海道の原野には むろんのこと 奈須野にもない

そのほか どこにあるか

 

林と野とが かくもよく入り乱れて

生活と自然とが このやうに密接している処が

どこにあるか 』

 

これは 明治の随筆家 国木田独歩 執筆「武蔵野 」から

の ほんの短い抜粋である

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170208043750j:image                                                                武蔵野の はやし

 

独歩は 都市からそう遠くない

人間の生活圏と自然とが入り交じる田園地帯として

新時代の武蔵野を描き出そうとした

 

そして武蔵野を主題として その風景美と詩趣を

描察した

 

そこには関東平野の 阻害するものの無い あの広がり

が起因しているのかも知れない

 

中央線を高尾山に向かい 一気に広がりが増す

私が若き頃も また四十年後の今も

 

あの広がりが 郷愁を誘い

都会に近い「粋で洒落た」雰囲気をも醸し出す

 

明治は勿論のこと 大正期にも

独歩の「武蔵野 」は影響を与え

 

後世の武蔵野のイメージ形成に多大なる彩りを添えた

様である

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170208043839j:image                                                 子どもとのひととき 独歩

 

文化とは かくも その時代は勿論のこと

時として若者達に 向上心までをも もたらす

 

大正期の青年達が 詩歌や文学に勤しみ

芸術を愛し 常に心を清涼に保ちつつ 教養を身に付け 

ものの哀れを知る様になる

 

彼らは知的であり道徳心のみならず

想い遣りの延長にある潔い心

つまり武士道までをも 束の間に身に付けた

 

それは正に 我が国再生に於いての ある意味 真の

切っ掛けだった感が 否めない

 

 

再度 「武蔵野」の抜粋である…

 

『 昔の武蔵野は 萱原のはてなき光景をもって

絶頂の美を鳴らしてゐたやうに いひ伝えてあるが

 

今の武蔵野は はやし(里山の雑木林)である 』

 

 

JR中央線 武蔵境駅から徒歩で 程なく

 

関東平野の広がりの中に かつて

自然と生活圏との融合する理想郷を 見詰め続けた

 

あの 独歩の碑が ある…

 

 

 

                                  武蔵野を こよなく愛した

                                             或る随筆家の浪漫 より…

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170208043915j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20170208061636j:image                                                                        国木田独歩