我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、日本人として 何とかしなければと想います。武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが降りて来てくれました。その天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を未来へ紡ぐ。

道北遥かなり 若き日の妻へ捧ぐ…

f:id:toshi-kuma25317:20170319185905j:image
                                          サロベツ原野大沼にて 美恵子

 


記事が 津軽海峡を渡ります


私は若い頃 真新しいものや自ら行かなければ手の届か

ないものが 無性に好きでした

 

所謂 好奇心が人一倍旺盛ではなかったかと 想います

 

何につけても 実際に自分の目で直に見たいと言う願望

が強く

 

思い立ってから行動するまでに何時も 大して時間は掛

かりませんでした


北海道の地形や風物が織り成す シベリアや東欧の様な

哀愁を帯びた情景…

 

私にとって今感じるであろう以上に それは

驚きとの出会いを予感させるには十分なものでした


そして何と言ってもあの距離感が齎し出す 意表をつく

程に遥か遠いところが

 

当時の自らの趣向からか 若さも手伝ってなのか 

 

中々手が届きそうに無いものに焦がれ そこに辿り着き

たいと言う

切なる願望の対象ともなっておりました


若いと言うことは大概 未経験と経験の連続ですから

北海道探訪は私にとっての 恐らくは未経験のひとつの

象徴だった様にも想います


五日から一週間ほどの道内移動の日程で 数多く訪れた

北海道の旅の中でも

 

今回は 初めて道北の地を訪れた時の想い出を綴らせて

頂きたいと想います

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170319185936j:image
                                                                 オロロンライン

 

この時はフェリーで仙台発 苫小牧に渡り

工場地帯の原野の中を直ぐに 道央自動車道に乗った

ことを記憶しております


道央自動車道では その眺望の良さが存外な驚きであり

高速道にも拘わらず 周りを一望することが出来ました

 

そのことが 当時としては大層不思議なことに想えたの

ですが

 

今 様々な高速道路を利用してみて解ることは

 

高い所から真っ直ぐに下る際に 前方の広がりが醸し出

す北海道の地形の特色が

 

必然的に良好な見晴らしを 演出してくれたのかも知れ

ないと言うことです

 

恐らくは全体が広いので勾配が緩やかとなり 高低差が

余り気にならなかったのでしょうか…


返って時間距離が短かいことの方が気になったのと同

時に 些か名残り惜しくも感じられ…

またそのことが 大層可笑しくもありました

 

当時の私にとって 道央自動車道での時空が それほど

迄に快適なものであったと言うことを

今更ながら つくづくと想い出しております


札幌 美唄などを過ぎ…

そこからは一気に 当時の道央自動車道の終点を目指す

のですが

 

この時は平成になる少し前のことで

旭川まで未だ 高速が通っていなかった様に記憶してい

ます 

 

終点は確か 滝川だったと想います


高速を降り 留萌に向かいましたが 

途中 北竜町のひまわり畑の丘が悲しいほどに美しく


下知識の無いまま遭遇した分 余計に新鮮で

これからの道北の旅を予感させる 大いなる切っ掛けに

もなりました


映画「ひまわり」を彷彿させるその景色は

哀しい中にも希望を象徴するかの様でもあり 今でも

深く印象に残っております

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170319185958j:image
                                                     北竜町 ひまわり畑の丘

 

留萌から道北までの距離は相当なものですが 予想だに

しない道路のお陰で

一気に道北の地を目指すことが出来ました

 

返す返すも本当に懐かしい…


あの何百キロあるのかさえ分からず

信号とも ほぼ無縁のオロロンラインは

 

当時は風力発電のプロペラ風車など

当たり前でしょうが 何処にも有るはずも無く

 

高所に道幅のポイントを示す為の矢印表示が ある位で

した


遮るものが無いとは言え 有りの侭の自然の中は矢張り

爽快でもあり

 

自分がまるで風の様とは 正にあの時のことだったのか

などと 今更ながら感慨深く想ってもおります


道北での一泊目は ノシャップ岬に宿をとっておりまし

たので

 

先ずは水族館を見た後に 気付けば防波堤の上は黒山の

人だかり

 

夕日を眺めるポイントだと 重々知ってはおりましたが

ここまで来て人間 考えることは皆同じ…


そんなこともあり 道北の夜長は何故かほっこりとする

趣深いものとなりました…

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170319190011j:image
                                                                    サロベツ原野

 

翌日はサロベツ原野にて 最果ての遥かなる感慨に

暫し浸り

 

北緯四十五度の立て札には…

我が日本国内の意外にも遠い距離と言うものを しみじ

みと痛感させられました


もう三十年も前のことなので

それから後立ち寄ったところを 断片的に想い出の中…

色々と巡ってみました

 

そして サロベツ原野の地図を見ながら 


ひっそりと静粛に包まれながらも 全てが大らかで開放

的な大沼に ついつい引き寄せられてしまったことを

いつの間に 想い出しておりました


沼とは何とも控えめな呼称で 実際には小さな湖です

水深の基準から沼の呼称になったのでしょうが…

 

大沼の水面(みなも)に まるで浮かんでいるかの様に

見えつつ 直ぐそこに佇む利尻富士

余りにも美しく飛び切り端正なその姿が

 

ここまで来れたと言う安堵感と共に 素敵な解放感をも

私たちに与えてくれました


その時の 未だ若かりし妻の嬉しそうな表情が忘れ難く 

ついこの間の様な気がして 仕方ありません

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170319190023j:image
                                                            サロベツ原野 大沼

 

それから もうひとつの沼に行きました

確かメグマ沼と言う名だったと想います


緑豊かな程よい大きさの沼で

子供が生まれたならメグマ沼に連れて来たいと

彼女が話していたことを ふと想い出した時に…

 

矢張り 月日の流れと言うものをしみじみと感じてしま

います


稚内動物ふれあいランドにも訪れ

樺太犬 タロだったかジロの子孫がいたことも 良く覚

えておりました


道北の二泊目は稚内に宿泊  翌早朝に出発をし

オホーツク街道を一路 知床 紋別方面へ向けて下りま

した

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170319190034j:image
                                                                                  稚内

 

見下ろせば海岸沿いに 遥か数十キロ先まで道なりに

見えるその様は 最早何に例えたら良いのやら…

 

それから大分走り朝八時ちょっと前 街道沿いに

クッチャロ湖の案内板を見付けたので 寄り道…


情景が素晴らしいと言えば それ迄でしょうが 

湖畔の美しさが本当に意外で この上質な画には些か驚

かされました

 

ひっそりと佇むその静けさは まるで芸術の様…


道北の旅からの最後の贈り物の様で 何とも嬉しい気分

になれたことが 懐かしく想い出されます

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170319190044j:image
                                                                    クッチャロ湖

 

私にとっては三度目の北海道の旅 途上…

初の遥かなる道北の旅情は ここに終わりを告げること

となります


しかし この旅は未だ道半ば…

ここから紋別 レイクサロマへ そして知床へ


その後道東へと 向かいます…

 

 

   

 

         初めて道北の地を訪れたときの感慨を

         ひとつひとつ 想い出してみました

         存外心に残り そして紡ぐべく記憶とは 矢張り

         悲しいほどに心震わす 魂の浪漫ではなかったかと

                                                            想っております…

                  

 

 

 

 

 f:id:toshi-kuma25317:20170322212312j:image                                                  サロベツ原野と利尻富士
                                                 f:id:toshi-kuma25317:20170322212426j:image                                                                    花のガーデン                                                                                  f:id:toshi-kuma25317:20170322212422j:image                                                                    カンパニュラ