我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、日本人として 何とかしなければと想います。武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが降りて来てくれました。その天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を未来へ紡ぐ。

スターダスト 昭和の或る日曜日の夕方…

f:id:toshi-kuma25317:20170611102202j:image

 

 

日曜日の夕方

子供達は消えた

 

大人達も辺りを伺いながら

いつの間にか消えた

 

そして私も

自宅のテレビの前に

 

皆んな 消えた…

 

 

子供時分の事なので

詳細は余り覚えていない

 

双子のデュオ「 ザ・ピーナッツ 」の

妹さんが亡くなられたと知ったとき

 

未だ七十代半ばであったことと

 

双子のお姉さんの方も

数年前に亡くなられた記憶も併せ

 

お二人共 逝くのが少し早かったかな

と言う想いもある

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102242j:image 

 

我が家にテレビが来てくれた時に

 

シャボン玉ホリデー 」と言う

一世を風靡したバラエティ番組は既に

放送されていた

 

昭和三十六年六月四日が初放送

私が四歳半のとき


勿論 遊ぶことが仕事の頃…

 

 

近所で唯一 テレビのあるお宅に

遊びに行き テレビも見せて貰っていた

 

私より九歳年上の長男

七歳上の二男 四歳上の末の三男

 

このご兄弟にはお世話になった
想い出す…

 

そのお宅では 彼の

シャボン玉ホリデー 」も見せて頂いた

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102405j:image

 

 

内容は 訳が解ら無いのだが

小さい子どもながら


兎に角ブラウン管に映る色々な画像が

不思議で仕方なく

 

また興奮もしていた 

 

それから一年位の間に

近所中にテレビが訪れた

 

我が家は早い方では無かった

 

それでも

ビクターのテレビが


足付き 瀬戸物の犬付きで来てくれた

 

今のテレビよりもずっと美しく

存在感があった

 

当時は勿論 「 白黒 」…

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102430j:image

 

 

幼稚園 小学校となり

毎日が遊び三昧の日々の中

 

当時はどこの親たちも

「 勉強しろよ 」と言う時代

 

しかしそれは殆どが

近所中に対する

只のデモンストレーションだった

 

時の風潮が高度経済成長の最中

未来志向であった為か

 

「 当家は勉強をする子供に理解がある 」


と言うことを

周りに対しアピールしていた訳である

 

そんな事は子供心に皆んな判っていた

 

暗黙の了解で親も子も

皆んなが受け流していた

 

奇っ怪だが ブラックユーモア的な

面白い時代であった

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102453j:image

 

 

そんな訳で勉強などそっちのけで

平日でも遊び三昧

 

日曜日ともなれば尚更

の筈なのだが

 

違っていた… 

 

日曜日の夕方になると

皆んなスーッと潮が引く様に


居なくなった どこかへ

 

逆に 残って遊んでいる奴は

どこか変わった奴と思われていた

 

そう記憶している

 

理由はたったひとつ

シャボン玉ホリデー 」を見る為である

 

小学生になるとある程度意味も解るし

クレージー・キャッツのコントにも

芯から爆笑出来た

 

特に 植木等ハナ肇 それに 谷 啓

この三人は可笑しかった

 

デビュー当時の布施明ザ・タイガース

いつの頃からか 毎回出ていた

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102522j:image

 

 

それに何と言っても

主役は ザ・ピーナッツ

 

歌がメチャクチャ上手かった

子供心にも本当にウマイと思った

 

くどい様だが 本当に上手かった


特にシルビー・バルタンの

「 あなたのとりこ 」


これは私の中で 絶賛であった

 

そしてエンディング

ガス燈が雰囲気を創り上げ

 

霧をまとった演出が

哀愁を醸し出している

 

そしてムード音楽をギターが奏でる…

 

ザ・ピーナッツの妹さんの記事に触れ

改めて 番組内容を確認してみた

 

今迄 ずーっと…

夕方六時から一時間の番組だと

勝手に記憶していたが

 

どうやら六時半から

三十分間の放送だった様だ

 

内容が子供心にも満足するものであり

充分に満たされた気分になれたのだろうか

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102547j:image 

 

そしてエンディングの又エンディングが

あった


ザ・ピーナッツが歌う

 

私の記憶だと 確か…

 

「 リズムに乗せて 運んで来るのね

     ホリデー ホリデー シャボン玉

     シャボン玉 ホリデー〜〜 」

 

更に 牛の鳴き声の「 モ〜〜 」

が こだまして全終了であった

 

絶妙だった…

 

全然ダサさなど無い

お洒落で素敵な演出であった

 

 

ザ・ピーナッツ

 

ハイセンスなプロミュージシャン

エスコート役のクレージー・キャッツ


共に 洗練されていた

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102643j:image 

 

今 この様な番組は無い

 

何より 視聴者を楽しい気分にさせ

スポンサーの意向をも 絶妙にそっと入れる

 

観ている者に幸福感と

次週までの哀愁をもプレゼントする

 

そう 全てに対する

気配りがあったのだと解り

 

今改めて 絶賛させて頂いた

 

 

昭和の良き時代を駆け抜け

 

哀愁と浪漫 それに笑いと安らぎ

明日への活力をくれた

 

シャボン玉ホリデーに携わった皆様に

 

ありがとうと言いたい…

 

 

サンキュー

 

スターダスト…

 

 

 

                          昭和浪漫…

                           日曜日の夕方の あの風物詩を

                                                      私は 忘れない

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102711j:image 

f:id:toshi-kuma25317:20170611102728j:image