我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、古代から紡ぐ本当の日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、何とかしなければと想います。珠玉の武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが舞い降りて来てくれました。天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を。

私の遠野物語 早池峰の瀬織津姫 そして阿弖流為よ…

f:id:toshi-kuma25317:20180430071431j:image                                                                          早池峰山

 

 

 

平成二十九年 五月五日

 


立夏は今日あたりか

はたまた 明日だったろうか…

 


気の向くまま一路 北へと向かう

 

 

桜は散れども奥羽の春は未だ爛漫

古の縄文の地は光に充ち満ちている

 

 

 

 

一関(いちのせき)から

奥州 平泉(ひらいずみ)を過ぎ

 


根っからの東北人ならば

決して見逃すことは無いだろう

 


古の蝦夷地たる

凡ゆる趣きや佇まいが…

 

 

 

 

道中過ぎて来た生粋の東北の地 

福島や宮城南部の印象からさえも

 


多賀城(たがじょう)辺りを境に

異様な速さを以って変化を遂げて行く

 

 

 

 

然も優れた宇宙的生き方を育んだ

縄文の日々 所謂 其れらは本当の日本 

 

天神 皇統 ウガヤフキアエズの姿を今に…

 


嬉しいかな 相当に色濃く残している

 

 

 

目を凝らせば有形無形 其れらは 

ありと凡ゆるものに垣間見ることが出来る

 

 

 

 

気が付けば…

 

 


東北に於ける縄文最期の雄 

 

本当の日本の民

偉大なる阿弖流為(あてるい)を偲びながら

 


彼の古里 かつての水沢辺りに差し掛かる

 

 

 

 

そして方言で言うところの

「 此処いら辺(ここいらあたり) 」から 

 


東北の地も北半分へと入って行く

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071502j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071537j:image

 

 

 


本当の日本のひとつの形態が 在り方が

然も 他と混じり気の無い色彩が

 


途方も無い速さと確かさを以って迫り来る

 

 

 

 

眼に映る情景は

 


古き良き東北の地…

 

 

 

阿弖流為が生きた雄々しき時節へと 

更には穏やかなる三内丸山の時代へと 

 


一気に遡り 昇華されて行く…

 

 

 

 


私は此度 遠野へやって来た

 


還暦の私の目に映るこの地は…

 


極めて一貫性のある自然や風物詩

良質な波動を以って

 


通りすがりの旅人を

縄文の風へと誘ってくれる

 

 

 

 

この地に於ける自然との接し方

人として護持すべき

神々との約束ごととは 何なのか…

 


洗いざらい開示をしてくれる

 

 


そこに嘘偽りなど些かも存在はしない

 

 

 

 


北上から遠野へ向かう道すがら…

 


辺り一面 山々の色が

唖然とするほど異様に淡く柔らかい

 

 

 

 

新緑の節 針葉樹の黒っぽい緑色は

本来 突き刺す様で

 


その存在も輪郭も 

恐らくは際立つはずであろうに…

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071603j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071616j:image

 

 

 


どうやら此の地には 

針葉樹が そして杉や檜が

 


日本の他地域に比べ

一目瞭然 極端に少ない様に感ずる

 

 

 

私には想うことがある…

 

 

 

 

戦後 挙(こぞ)って 何故か今尚…

積極的に行なわれている針葉樹の植林

 

年々増え続ける杉植林の愚かさよ

 

 


此の地の末裔たちは そんな世の流れを

いたずらに浸透はさせず

 


本質的に 是としなかったのではなかろうか

 

 

 

先人の教えを守りながら

森羅万象を知る努力を怠たること無く

 


人と自然との関わり方の何たるかを

弛まず温め続けた

 

 

 

民の心の内には

神々との約束が生き続け

 


それ故に…

 

古き良き縄文の姿を しっかりと

具現化して来れたのではないだろうか

 

 

 

 


戦後の杉植林が未だ完成を見ない過渡期

植林した針葉樹林の成長が未だ途上の頃

 


私は幼少期から少年期にあった

 

 

 

その頃の記憶を辿り

 


自らの古里の 

かつての自然体な姿を懐かしめば

 


今 目の前に広がる遠野の原風景に

通ずるものがあった

 


神々から賜った自然の姿が

至るところに溢れていた様に想える

 

 

 

 

周りを見る限り 記憶では

花粉に纏わる病など何処にも無かった

 


そして里山は光に包まれ

柔らかで明るい彩の広葉樹が殆どだった

 

 

 

忘れないで欲しい…

 

 


誰もが そんな春を好きだったことを

そして 春の訪れを待ちわびた… 

 


全ての万物のエネルギーが喜び

そして 弾けた

 

 

 

其れほどに昭和三十年代中頃迄の日本は

人も自然も光り輝いていた

 

 

 

忘れ難い…

 


神々と共に生きるとは…

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071643j:image

 

 

 


山間部にしては余りにも広い遠野の里は

想像の域を遥かに超え明媚である

 

 

 

そして 其の意図するところは

神々との境界に位置する頑なさよりも

 


寧ろ 神々と人とが融合している様を

優しく包み込んでくれている

 


其処には詩的な感性さえも存在する

 

 

 

 

遠野の街並みを過ぎ

早速 早池峰神社へと向かう

 

 

 

御祭神は瀬織津姫

 


遠野物語が私の頭の中を駆け巡る

オシラサマ  河童駒引きの話  座敷童子

 


何と胸高鳴る説話であろうか

 

 

 

 

天の岩戸が開くのを前に

私は瀬織津姫に願いを込めた

 


清涼なる早池峰の社に於いて

 


永遠の皆なの幸せを…

此の国の安寧と共に祈願させて頂いた

 

 

 

 

男身天照(だんしんあまてる)と一対の

愛しき女真瀬織津(じょしんせおりつ)よ

 

 


ベールを脱いだ 其のお姿は…

 


縄文のヴィーナスであられることを

私は知っている

 

 


そして 菊理姫であられることも…

 

 

 

 

貴女は決して荒御魂にあらず…

 


其の能力は全てに於いて卓越する

 

 

 

 

紆余曲折を繰り返している

我々日本人ではあるが…

 


どうか 此の日本と言う国を護り給え

 


此の国の老若男女 皆んなの心根を護り給え

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071737j:image

 

 

 


竹内文書の触りの記述たる

古事記をしっかりと紐解きながら

 


神々の分け御霊であるところの

我が心を正し

 

 

 

そもそもが竹内文書に秘められた

本当の日本へと繋がる万象を遡れば

 


世の流れは 其のままに移ろいでいる

 

 

 

 


言葉に出して祈りても

黙して祈りても 

 


其れは 問題では無い…

 

 

 

 

真心を込め 皆んなの幸せを願う気持ちこそが

何にも代え難いもの…

 

 

 

 


近頃 こころの忘れものが多いぞ

 


我々 人間たちよ…

 

 

 

 

 

 

此の国が 安寧なることを…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071817j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071843j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20180430071856j:image