我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、古代から紡ぐ本当の日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、何とかしなければと想います。珠玉の武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが舞い降りて来てくれました。天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を。

f:id:toshi-kuma25317:20180903214321j:image                                                伊達家発祥の地 高子城址

 

 

 

しろ   きいろ   むらさき   

きみどり   みどり   やまぶきいろ

 


べにいろ   うすべにいろ

ももいろ   うすむらさき

 


光が弾けている

 

風が軽やかに 通り過ぎる

 

 

 

昭和三十八年 卯月 

 

こころ うきうき 

胸 高鳴る…

 

 

水面(みなも)の中の あおいそら   

吸い込まれそうな 透明な水   

 

さやさや さらさら ことこと

 

優しき せせらぎの音が

とても 心地よく

 

 

 

近くに見える里山

いつの間に 淡い緑に

 


柔らかさを まとった その姿は

初々しさと 凛とした強さに包まれる

 

 

 

ああ  目に映る

今 この かけがえのない

 

愛おしい ものたちに

 

 


あれもこれもと

そして いつまた出会えるのかと

 

いつも いつも

心焦がしながら せいてしまう

 

もどかしさは…

 

 

 

この美しさが 嬉しさが

いつまでも 

 

いつまでも

めぐり終えることが ないように

 

 


ただ 春を 待ちわびる

 

いつまでも ひたすら 待ちわびる

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180903214347j:image                                                高子城址の丘 北面の磐座

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180903214357j:image                       昭和三十年代中頃の高子沼 美しき桃源郷