我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、古代から紡ぐ本当の日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、何とかしなければと想います。珠玉の武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが舞い降りて来てくれました。天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を。

無知 とは…

f:id:toshi-kuma25317:20181008121500j:image

 

 

 

無知とか

教養が無いとか

よく耳にすることが有ります

 

 

其れは…

 

漠然と知識が無いとか

育ちが悪くマナーがなって

無いとか

 

一般的に世間受けする学歴が

無いとか

 

恐らく 私たち日本人の思考回路では

其の様に意訳されるのでは

ないでしょうか

 

 

テレビ 新聞など

表のマスメディアが報道する内容に

間違いは無いとか

況してや SNSにもガセネタは

余り存在しないとか

 

其の様に思い込んでいる日本人は

未だ未だ多数派ではないかと

私は 想います

 

 

今 私たちが住んでいる

此の日本と言う国は

そして 私たち日本人とは一体

何か…

 

 

自分たちのことは勿論

自分たちが住み 納税も怠らず

生真面目にも 唯ひたすら

義務を遵守している相手である

自らの国を

 

悲しい位に知らなさ過ぎる

私たち 日本人…

 

 

やれマスメディアのせいだ

やれGHQのせいだと

指揮系統の末端 所謂 実務部隊にのみ

目を向けさせられ

 

責任を全て末端になすり付けることの

愚かさに 気付きながら

 

自己保身の見地からか

自己責任を常に避け続けて来た

戦後日本人の弱さ

 

 

そして 戦後のどさくさに紛れて

一流に化けた日本人たちの

無能さとは…

 

 

生きることよりも大切なものを選び

英霊と成った大正生まれの青年たち

 

生きていれば

彼らは間違い無く 一流の

少なくとも其れに準ずる社会人と成り

此の国を愛していたでしょう

 

勿論 弱き者を労っていたでしょう

 

 

彼ら亡き後…

 

役割があり生き残った筈の

本来なら三流 四流の輩たちが

戦後 一流に化け

利己主義を貫いて来たツケが

 

真実から目を背けると言う風潮を

此の国に定着させたのでしょうか…

 

 

 

無知とは 

 

本当の歴史を知ら無いまま

様々な判断をし 

 

さながら より良い選択をしていると

勘違いしていることではないでしょうか

 

 

 

簡潔にお伝えします

 

無知とは…

 

本当の歴史を知ら無いこと であります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20181009001651j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高子城址亀岡八幡様 旧暦八月十五日 祭り

f:id:toshi-kuma25317:20180925151857j:image

 

 

 

平成三十年九月二十四日

昼下がり

 

 

妻の仕事で行った

郡山の帰り

 

 

福島へ戻ってからの

自宅への帰路は

 

立ち寄り先の所在に沿いながら

予定していた訳でも無く

 

伊達市上保原(かみほばら)の

高子(たかこ)経由となる

 

 

 

高子城址の丘(岡)の直ぐ脇を

通り過ぎるときに

祭りの旗が立っているのに気付き

 

見上げれば

斜め上の方に人影が 数人

 

 

 

幼い私が大好きだった

此の丘…

 

山頂付近に鎮座して居られる

亀岡八幡様の お祭りの様子に

 

つい 嬉しさが

 

 

 

ひと月ほど前に 私は

 

この地にずっと居られる

古(いにしえ)の方々と 

其の心と

そして沢山の残された想いと…

 

時空を超え触れ合い 心通わせ

 

帰るべき処へと

光と成り帰って行かれるのを

見届けた

 

 

 

今も尚…

 

 

仙台藩 伊達家発祥の此の丘と

丘の北側と東側に広がる人里の

安寧を見守る 

 

亀岡八幡様の真意と

 

本当の日本の在り方を

本来の人々の在り方を

後世に残してあげたいと願う

 

里の民への慈愛や

素朴な思い遣りの心を

 

甚だ鮮明に 知らされたばかり…

 

 

 

 

なだらかで柔らかく

まるで朧な夢を見る様な

 

絵本の中の如き

淡き彩の 丘の参道を

 

私は嬉しさの余り

唯 ひたすら登った

 

 

妻と共に長い参道の石段を登り終え

八幡様の社で柏手を打ち 祈り

幼き日のお礼を述べ

 

 

気が付けば…

 

 

 

社の方から声がして

 

私よりは年長の男女数人の方々が

声を掛けてくれた

 

 

上がって

休んで行ってください と…

 

 

 

 

七十代の御仁が三人

そして 其の奥様たちが三人

 

色んな話をして下さり

 

 

 

ひと月ほど前に 丁度

私が把握出来たところの

此の地にまつわる様々な事柄や

 

 

高子地区に住まわれる

社のお膝元に永く続く氏子さんたち

全 六軒の方々の

 

秘めた特別な話も 盛り沢山

 

聞かせていただいた

 

 

 

奥様方の心を込めた

赤飯 けんちん汁をはじめ

 

数々の美味しい手料理を

腹一杯 御馳走になり

 

 

勿論 お神酒も…

 

 

久しぶりに 私は 夢心地であった

 

 

 

 

伊達家初代 朝宗様の話

 

十七代 伊達政宗様のこと

 

越後 上杉謙信様が此の辺りの土地柄と

どの様に関わっていたかの詳細について

 

 

などなど…

 

 

 

 

近頃 私と妻が

ご縁ある御神体様たちから呼ばれ

赴いた

 

一連の出来ごとの数々…

 

 

 

宮城の塩竈(しおがま)神社 様    

紫波彦(しわひこ)神社 様

 

同じく 青麻(あおそ)神社 様と

其の山神社 様

 

仙台 青葉城伊達政宗 様と

護国神社

 

宮城 岩沼の金蛇水神社 様たる

瀬織津姫

 

 

更には 米澤の上杉神社 様と

春日神社 様

 

 

私の家系が天災回避を始め

日常の萬の御祈願をさせていただいた

古くからの氏神様たる

旧伏黒村の羽山(はやま)神社 様

 

 

熱田神宮 様の分霊であり

田村麿が直に祀ったとされる

私の家系の戦さの守り神であり

古くからのもう一つの氏神様たる

旧伊達町 長岡郷の熱田神社

 

 

二歳の時 我が家が

長岡郷から伏黒郷に移り

私が幼少期に日頃から世話を掛けた

産土神様たる

天之御中主神様 高龗神様 闇龗神様を

御祭神とする水雲神社 様

 

 

福島県相馬市の相馬中村神社 様

 

 

信州の諏訪大社 様  四社様

 

 

遠野の早池峰神社

 

 

秋田の唐松神社 様

 

 

山形 南陽熊野神社

 

 

山形 鶴岡の出羽三山神社

 

 

茨城の高祖皇太神宮 様

御岩神社 様

平将門様が御祭神の国王神社 様

 

 

加賀の

瀬織津姫(せおりつひめ)神社 様

白山比咩(しらやまひめ)神社 様

と奥宮 様

 

 

娘の親友である

出雲国の大いなる能力者からの

御縁が今も紡ぐ 

出雲国 須佐神社

 

 

青森 戸来が丘のイエス

弟のイスキリ 様と聖母マリア 様 

みうこ のこと

 

 

岩手二戸の金田一温泉

心の友 親愛なる亀麿 ちゃん

 

 

そして 寺院になるが

 

 

神楽坂 善国寺の毘沙門天

 

上野広小路 徳大寺の摩利支天 様

 

山形 金勝寺の摩利支天 様

 

福島市の中野不動尊

 

江東区富岡の深川不動尊

 

仙台 秋保の秋保大滝不動尊 様

 

更には…

 

偉大なる坂東武

平将門 様と心通わせて頂いた

茨城の延命院 様

 

 

 

 

私が 今現在…

 

此の国を護る

尊い御神体 様たちの元で

意思の疎通をさせていただいている

 

大いなる先人たちのことばかりが

何故か…

 

世の中に不可欠なものだからか

 

神々様の御意志のままに

今此のとき

 

 

御仁たち 奥様たち

此の社の氏子様たちの話題として

のぼる

 

 

 

 

氏子様たちの

心温まる歓迎 は

単に 一期一会では無く

 

人が心から人をもてなし

それを紡いで行き

これから実りて行く必然性をも

 

しっかりと

心に刻み付けるものだった

 

 

 

胸が温かくなり それが体を巡り

私の体外へも大いに広がって行く

 

 

 

人の優しさとは

人の真心とは

 

そして 神々と共に生きるとは…

 

 

 

 

八幡 様についてだが

 

私たち日本人がどれほど

認識しているのか…

 

私は 此の国の人々に

本当の歴史と言うものを

 

もっと 知って欲しいと想う

 

 

願わくば 自分の足元を

より しっかりと見て欲しい

 

 

 

たった七十数年前のこと

 

大正生まれの若者たちが

命を捨てて守り抜いた 此の国を

 

ことごとく

駄目にして良い訳が 無い

 

先人たちの真心を無にして良い道理など

どこにも無い

 

 

 

いつも其の様に

私は 願って止まない

 

 

 

 

八幡 様とは…

 

 

古代日本 縄文の世から

日本全国 津々浦々

 

瀬織津姫(せおりつひめ)様 たる

白山菊籬姫(はくさんくくりひめ)様

別名 白山姫(しらやまひめ)様

が祀られていた処に

 

何故か八幡 様は位置する

 

 

 

ことの成り立ちについては

詳細とまでは行かないが

 

触りだけでも

簡単に 述べてみたいと想う

 

 

 

かつて…

 

太陽系宇宙から降ろされた者たち

十二支族

 

 

彼らエゴが強く 

其の考え方の癖を直すと言う学びの為に

地球に遣って来た十二支族の内

 

直接 古代日本へと来た者たち十支族

 

 

また 同種の者たちで

パミール地方に降ろされ

 

天族(あまぞく)として

陸路と海路の二手に分かれて

九州と出雲国へ入って来た者たち

 

 

そして 同種の者たちで

今で言う中東に降ろされた十二支族

 

西暦七百年頃にシルクロード経由で

二支族を残し

既に古代日本に住み着いている

同胞十支族を頼りに逃れて来た者たち

十支族

 

 

其れらとは別に

 

古代東ローマ始め

ユーラシア大陸から

東北と北陸へ渡って来た者たち

 

 

古代エジプトから

新羅(しらぎ)経由で

北九州へと渡来した者たち

 

 

此れら 太陽派の渡来人たちが

元より 月の元での暮らしに生きる

古代日本へと移り住み

 

自分たちの絶対神

ヤハウェ 様を祀るときに

 

 

古代縄文 白山王朝の象徴として

全国に広まっていた

白山菊理姫 様が祀られている処に

祀ったのである

 

 

菊理姫 様の大いなる御霊の内のひとつ

ヤハウェ

所謂 八幡 様として…

 

 

 

故に 其々の場所は

古代縄文の根本を

礎にしっかりと秘めながら

 

今日でも

其の広がりを失ってはいない

 

 

 

そもそも神とは宇宙の真理であり

法則であり

 

はたまた人間の生き方の導であり

其の息吹でもある

 

 

 

様々な御神体様たちは

人々と其れ等を繋ぐ存在であり

 

神さまと呼ぶものは

そもそも ひとつなのである

 

 

入り口は違えど 神さまとは

宇宙の真理であり法則でもあり

全て同じ処に辿り着く

たった ひとつの存在 

 

 

私はいつも そう想っている

 

 

 

 

話を戻したいと想う

 

 

 

因みに

高子城址の八幡 様は

 

伊達家十七代 政宗 様によって

 

同じ御霊が仙台市の亀岡町にも

祀られている

 

 

然しながら 

 

時の流れに依るものなのか

大きくきらびやかになればなるほど

源を忘れて仕舞う 世の常か…

 

現実 二つの社は別ものとしての路を

歩んでいる

 

 

 

 

氏子さんたちとの

楽しいひとときを過ごし

 

社をお暇するときに

 

 

 

この社に奉納する

絵の募集を 来年に行うので

 

貴方も奉納して欲しいと言われた

 

 

 

画家の私としては

とても嬉しい話であった

 

 

八幡 様から迎え入れていただいた

事実の大きさを

 

改めて感じることが出来た

 

 

 

私は六十年と少し生きているが

 

神さまからの心遣いが

こんなにも 嬉しいものだとは…

 

 

今生に生まれて良かったと

想えた 瞬間でもあった

 

 

 

 

 

 

「 高子城址の丘 」

 

 

 

爽やかなるときも

厳しきときも

 

里山

桃花の息吹が芳しく

 

 

いにしえの人の想いが

 

春を待ち

生きものたちの足音を待ち

 

咲き乱れる

 

 

 

此の地に集いて楽しげな

 

人のこころの安寧を

 

いつまでも いつまでも願う

 

 

 

新しい国造りとは

 

民の心に宿る

 

優しき 月の 灯りかな…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180925151934j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将門 様 その優しさと 強さと

f:id:toshi-kuma25317:20180919141300j:image

 

 

 

少年の頃から ずっと

 

共感して止まない

 

将門 様…

 

 

 

その一貫した姿勢は揺るぎなく

 

相手に対する

 

深い思い遣りに終始する

 

 

 

今置かれている相手の立場が

 

どの様にあろうとも

 

 

物事の本質を見

 

目をそらすこと無く その者に相対する

 

 

 

然も 困っている弱きものを

 

どうして放っておけようか…

 

 

 

そもそもが

 

民の為に 為政者は存在する

 

 

民が幸せに暮らせるように

 

長(おさ)は 存在する

 

 

人民の不幸を見過ごすことは

 

出来ないと…

 

 

 

 

江戸時代の末期に 完成を見た

 

武士道…

 

 

武士(もののふ)とは

 

民に優しく

 

また 彼らを守る為に存在すると

 

 

その為に日頃から 文武を磨いておく

 

満を持して…

 

 

将門 様 が貫き通した

 

そう言った 人としての生き様が

 

 

江戸末期に 完成を見た…

 

 

 

私は 何時も

 

そう 想っている

 

 

 

 

今の この時代に 改めて

 

 

平将門と言う

 

一人の 坂東武士の 生き様を

 

 

 

 

偲んで 見たく…

 

 

 

 いつまでも 感謝…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180919141329j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小々波

f:id:toshi-kuma25317:20180905110743p:image                                                                          画の一部

 

 

 

 

ジュネーヴ湖に

 

 

小々波 漂う

 

 

朧(おぼろ)な夜の幻想 …

 

 

 

 

夢心地な人の世の儚さと

 

 

それでも心揺さぶる

 

 

飽くまで 凛とした

 

 

雄々(おお)しき 浪漫を 見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180903214321j:image                                                伊達家発祥の地 高子城址

 

 

 

しろ   きいろ   むらさき   

きみどり   みどり   やまぶきいろ

 


べにいろ   うすべにいろ

ももいろ   うすむらさき

 


光が弾けている

 

風が軽やかに 通り過ぎる

 

 

 

昭和三十八年 卯月 

 

こころ うきうき 

胸 高鳴る…

 

 

水面(みなも)の中の あおいそら   

吸い込まれそうな 透明な水   

 

さやさや さらさら ことこと

 

優しき せせらぎの音が

とても 心地よく

 

 

 

近くに見える里山

いつの間に 淡い緑に

 


柔らかさを まとった その姿は

初々しさと 凛とした強さに包まれる

 

 

 

ああ  目に映る

今 この かけがえのない

 

愛おしい ものたちに

 

 


あれもこれもと

そして いつまた出会えるのかと

 

いつも いつも

心焦がしながら せいてしまう

 

もどかしさは…

 

 

 

この美しさが 嬉しさが

いつまでも 

 

いつまでも

めぐり終えることが ないように

 

 


ただ 春を 待ちわびる

 

いつまでも ひたすら 待ちわびる

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180903214347j:image                                                高子城址の丘 北面の磐座

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180903214357j:image                       昭和三十年代中頃の高子沼 美しき桃源郷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里見公園 若き日の我を 愛おしむ

 

f:id:toshi-kuma25317:20180508091154j:image

 

 

 

 

当ブログへの既投稿記事

 

国府台… 若き日の私の浪漫 」に

 

 

ほんの僅かに目線を変えた

 

溢れる心情のリメイクを施してみました

 

 

 

 

若き私が過ごした

 

国府台 そして矢切への讃歌

 

 

「 里見公園  若き日の我を  愛おしむ 」

 

 

 

 

ご一緒に 歩を進めてみてください…

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509110750j:image

 

 

 


昭和五十年代初め


街場に近い丘陵地に住んだ

 

 

千葉県市川市国府台…

 

 

 

住まいの直ぐ近くには


今よりも緑が鬱蒼とした公園があった

 

 


公園一帯は…

 

 

折り重なる歴史の重さと


四季折々に咲き誇る 花々の可憐さとが

 


さり気なく折り合いを付けながら

 

 

人々のこころを和ませた

 

 

 


そして 私は…


そんな公園の彩に魅せられた

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509110932j:image

 

 

 


丘陵地と里見公園は


滝沢馬琴が命を賭して書き上げた


壮大なる物語「 南総里見八犬伝 」の舞台

 

 

 


然も真下には


河岸路 越しに「 矢切の渡し 」が


ひっそりと…

 

 

 


若き政夫と民子の


儚き今生の別れの場となった


矢切の渡し 」…

 

 

 

染み入る様な 


切なく甘酸っぱい余韻を残す

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111000j:image

 

 

 


夏目漱石が絶賛した

 


伊藤左千夫私小説とも言うべき


野菊の墓 」…

 

 

 

 


下矢切に佇む文学碑には

 


若き二人の遣る瀬ない想いが


朧気に刻み付けられているのか…

 

 

 


里見公園から下矢切までの散策路を


今では…

 

「 文学ロード 」と呼ぶらしい

 

 

 


若き私が 焦がれて止まない 


遠く儚い あの情景は

 

 

 

何と 素敵だったことか…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180511165910j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111020j:image

 

 

 


平成二十八年 十一月の半ば…


千葉県市川市の丘陵地 国府台を訪ねた

 

 

 


日の入り早い節ではあるが

 


昔日 世話を掛けた土地柄の風景を

 

探しながら また味わいながら

 


出来るだけ ゆったりと歩いてみたかった

 

 

 


十代で上京した折 


国府台の地に住んだこともあり 

 

 

私にとっては何かと思い入れが深い

 

 

 

然し若さゆえか

 

日々の楽しさに心奪われ

 


軽薄にも…

 

自らの住むこの地に溶け込み

 

味わい深く接することも無かった

 

 

 

見るべきものを疎かにしてしまった

 

其の想いが 存外沢山残っている

 

 

 

 

総武線市川駅からの路線バスが 

 

多様に出てはいるが 

 


私は 国府台の丘陵地を


徒歩でゆっくりと

 

 

そしてゆったりと歩いてみたかった

 

 

 

 

京成線市川真間駅を横目に 

 

閑静な住宅街に差し掛かる

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111050j:image

 

 


万葉にも描かれる 

 

 

今では典型的な都市河川


古(いにしえ)の真間川を渡れば

 

 

 

 

日蓮聖人所縁の法華経の寺院が 

 

前方丘陵地の高台手前側に在り

 

 


其の参道が 市川駅付近から

 

真っ直ぐに伸びている

 

 

 

 


幅も高さも大層大柄で

 

角度のある真間山への階段を登り 

 


振り返ると…

 

 

 

 

遠くから まるで

 

延々と続く様な参拝道を

 

 

驚きを以って 


充分に実感することが出来る

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111117j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111135j:image

 

 

 

 

階段を登り切り 辺りを見渡せば

 

清潔に掃除の行き届いた境内が心地良く

 

 


日本人の持つ有形無形の美意識の高さを

 

今更ながら思い知らされる

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111223j:image

 

 

 


木漏れ日の中…

 


ノスタルジックな建物の目立つ


木立ち多い落ち着いた雰囲気の 

 

 

四年制大学が…

 

 

 

 

キャンパスを通り抜け

 


此の辺りの幹線道路 

 

松戸市川(まつどいちかわ)街道に出る

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111254j:image

 

 

 


直ぐ目の前には センスの良い

 


然も周りの景観を圧倒するほどの 

 

大柄なタワーが現れ

 

 

 

其の出で立ちとモダンな佇まいには 

 

随分と驚かされる

 

 


歴史のある女子大学である…

 

 

 

 

当時の旧校舎もそのままに

 

新旧が融合している様(さま)には

 

 

 

建物が持する「 時の物語を紡ぐ 」

 

と言う役割の意味を 

 

 


改めて垣間見ることが出来た

 

 

 

 


松戸市川街道を公園に向かいながら 

 

暫し歩道を歩く…

 

 

 

歩道が良く整備されており

 


周りの景観を眺めながらゆったりと

 

歩くことが苦にならない

 

 

 

 

進行方向右手の道路東側には 

 

当時 国立国府台病院だった建物が…

 

 

 

 

戦前の落ち着いた雰囲気の 

 

あの凛とした佇まいの浪漫な建物は 

 

既に無く

 

 


美しく機能的な建造物に 

 

とうに様変わりをしていた

 

 

 

 

四十年も経てば 今の時代 

 

至極当たり前なことではあろうが…

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111303j:image

 

 

 


幹線道路より側道に入り

 

真っ直ぐに公園へ向かい歩いて行く

 

 

 

 

桜の木々が年を重ね 

 

しっかりと歳を重ね

 


あの若かった木立ちをも 

 

懐かしむ気持ちにさえなってしまう

 

 

 

 

あと数年経ったなら この場所には

 


たっぷりとして見事な 

 

桜並木の回廊が現れ

 

 

 

目を癒し心に寄り添い 

 


生命の伊吹とともに

 

人々を和ませてくれることだろう…

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111429j:image

 

 

 


追っ付け里見公園に着く…

 

 

 

 

此の地は 滝沢馬琴が命を賭して

 

綴り終えた

 

大作「南総里見八犬伝」の舞台である

 

 

 

 

此の 公園には…

 


一見した大きさでは語ることの出来ない

 

何とも不思議で深遠なる奥行きがある

 

 

 

 

周知の通り 

 


南総里見氏が治世をしていた

 

国府台城の城址ではあるのだが

 

 

 

ひっそりと閑静な その佇まいとは裏腹に

 

大東亜戦争当時には 

 


日本軍の軍事施設が

 

この辺り一帯に存在したと言う側面もある

 

 

 

 

これら幾重にも過(よ)ぎる

 

惜別の歴史を

 


其の時々 此の地に暮らした魂たちが

 


恰も自らの心の歴史を 

 

他に漏らすこと無く温めるかの様に

 

 


普段 其の所謂(いわれ)を

 

前面に出すことは無い

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111531j:image

 

 

 


然し 花壇と噴水の広場から なだらかに

 

登り行けば

 

 


至るところに整然と積み上げられた

 

石垣があり 

 

 

 

此の地が飽くまで城址であることに

 

気付かされる

 

 

 

 


此の場所に暫し寛(くつろ)ぎ 

 

感ずる雰囲気はと言えば…

 

 


予てより そうであったが

 

 

 

 

二人で訪れても

 

家族で連れ立っても

 


勿論 一人で時を刻むにしても…

 

 


何ら違和感無く

 

其々の想いに寄り添える様な

 

 


奥行きのある清涼な雰囲気に

 

満ち溢れている

 

 

 

 

南総里見氏が治世した古のとき…

 

 


其の空気の流れが

 

恐らくは淀み無く

 

 

心穏やかなる地であったことが偲ばれる

 

 

 

 

 

国府城址をゆっくりと 

 


そして悠久のこの地に遥か想いを

 

馳せながらしっかりと

 

 

 

地面を踏み締めて歩いた

 

 

 

 

 

江戸川の対岸には東京の下町が広がる

 

 


高さ六百数十メートルの

 

東京スカイツリー

 


直ぐそこに 佇んでいる

 

 

 

 

 

かつて四十年前には

 

想像すら出来なかった 遥か未来図が

 

 


今 目の前に広がっている…

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111553j:image

 

 

 


様々な情景が 矢継ぎ早に…

 


私の中の ときが流れる

 

 

 

 

木々の中 まったりと高台を降り

 

薔薇園を眺めながら心穏やかになる

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509133604j:image

 

 

 

 

此のベンチに腰を下ろすとき…

 


本当に単純で起点の効かない自分が

 

可笑しくなる

 

 

 

 

何時も 或る一つのことを想い

 

それを見詰め

 

 


そして 目を閉じる…

 

 

 

 

 

四十年前 国府台の地を訪れ 

 

そして暮らした

 

 

 


大好きな此の公園で 

 

たっぷりとしたときを育んだ

 

 

 

 

上京して早々には桜の節

 


少し過ぎれば藤棚の花が満開だった 

 

あの嬉しさに…

 

 

 

 

 

私の中の巡る想いは 何時も 

 

穏やかな絵巻で…

 

 

 


最後は決まって  うつら うつら

 

そう 決まって  うつら うつら…

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111624j:image

 

 

 

 


若い頃の様にとは言え

 


随分と立派になったベンチに

 

腰を下ろし

 

 

 

 

当時の この辺りの彼の風景を


ず~っと 想い巡らしました

 

 

 

 

胸が熱く…

 

 

 

 

 

桜の花の最中にいる

 

 

若き私は 夢心地で

 

 

 

もう直ぐ藤の花が満開になる喜びに

 


目を閉じ  うつら うつら…

 

 

 

 

 


穏やかなる昔日への追憶に憩い

 


焦がる里見公園に在りて和み

 

 

 

 

ただ心を込め 若き日の我を 愛おしむ

 

 

 

 

 

 

そう 若き日の我を 愛おしむ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180509111720j:image

 

f:id:toshi-kuma25317:20180510075245j:image