我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、日本人として 何とかしなければと想います。武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが降りて来てくれました。その天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を未来へ紡ぐ。

杖突峠の幻想に 卯月の息吹を見る…

 

f:id:toshi-kuma25317:20180424093519j:image                                                      飯田線中央アルプス

 

 

 

平成二十九年 四月 四日…

 


伊那谷は今朝も 

清涼なる空気に包まれる

 

 

 

そして何処か

憂いを帯び 凜とした天竜川は 

 


爽やかで優しげな 

朝の佇まいを奏でている

 

 

 

 

遠く駒ヶ根の方を見れば 

木曽の山々が 

 


中央アルプスと言う敬称に相応しく

 

 

 

絶唱にも似た激しさと

凛々しさとを以って 

 


峰々に焦がれる人々の情念を 

捉えて離さない

 

 

 

 

また左方に目線を移せば 

遠く赤石の山々が

 


まるで桁の違う摩天楼の様な姿で以って 

 


木曽の峰々と共に

 


人間界の遥か頭上での会話を 

悠々と奏でている様にも想えて来る

 

 

 

 

伊那に一夜を過ごし 

然も早起きをした余韻が 

 


様々な形で現実に 

私を癒してくれる この瞬間

 


万物に対する大いなる感謝の念を 

どうして 抱かずにいられようか…

 

 

 

 

今年は伊那谷全体は勿論のこと 

 


南アルプス仙丈ケ岳を望む高遠の桜も

開花が未だ先の様だ

 

 

 

 

自然の在り方そのものが

生き物であるならば

 


所詮は いた仕方の無いこと…

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180424091558j:image                                          満開時の高遠の桜と仙丈ケ岳

 

 

 

何気に…

 

国道152号を茅野方面へと向かう

 

 

 

思い付きで訪ねた路ではあったが 

ここにまた一つ…

 


圧倒的な本当の日本の風景が

目の前に 広がる

 

 

 

 

この辺りの道路は

機能性が すこぶる良く 

 


安全な広さを確保してある上

然も走り易い

 

 

 

お見掛けするところ

必要以上の乱開発は為されていない様で

 


何でもかんでも

土木工事に結び付けている風も 

無さそうである

 

 

 

 

先人たちが紡いで来たであろう

昔からの風物詩が 

 


其処彼処に咲き乱れる

 

 

 

 

長野 伊那谷 高遠の里 

それらは 古よりの本当の日本…

 


装いは 深く私の心に残るものであった

 

 

 

高さが増すにつれて 

 


木々に積もる春雪たちが

真綿の様に 上から散り落ちて来る

 


然もその様が珍しく 

また 風流でもある

 

 

 

 

伊那市茅野市の境に差し掛かると 

何やら 絶景が過(よ)ぎる…

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180424091618j:image                                                                        杖突峠にて

 

 

 

そこは杖突峠 標高一阡二百数十米…

 


ノスタルジックで清潔感溢れる

二階のカフェに入り

 


早速 展望台に足を運ぶ

 

 

 

 

朝靄にほんのり包まれる

甲府盆地北部の幻想

 

 

 

その遥か向こうには

八ヶ岳連峰 蓼科山 美ヶ原

 


更には 北アルプス立山連峰から

後立山連峰へ 

 


そして天竜川の源である諏訪湖が…

 

 

 

 

天上から眺める極楽浄土とは 

まさに この様(さま)であろうか…

 


盆地との高低差五百米は 

現実に 直ぐ足元に広がっている

 

 

 

 

それは恰(あたか)も 

自分が五百米上空に浮かんでいるかの様な 

 


何とも不思議な光景に包まれる

瞬間でもあった

 

 

 

 

その表現以外 私には…

 


目の前の情景に 

どんなに心焦がそうとも

 


適当な言葉を見付けることは 出来ない

 

 

 

 


あと 十日も過ぎたならば

遅まきながら…

 

 


伊那谷も甲斐の郷も 

 


艶やかであり 華やかな 

 

 

 

そして気が付けば 次の瞬間には

淡く儚げであろう

 


日本人の こころの花々…

 

 

 

さくらの彩で 満たされることだろう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180424092510j:image                                             杖突峠から望む 八ヶ岳連峰

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180424091714j:image                                                                蓼科山と美ヶ原

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180424092947j:image                        諏訪湖と遠く立山連峰 後立山連峰を望む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が心のシヨン城 レマン湖畔に於ける

 

f:id:toshi-kuma25317:20180420172139j:image

 

 

 

 

レマン湖畔に佇む

 

古城シヨン…

 

 

 

其の佇まいに主体を置き

 

F 10号カンバスに描いてみた

 

 

 

あの楽しかったサヴォア家の時節

 

 

古城シヨンは

 

未だ未だ 真新しさに包まれていた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

油彩 懐かしき古城シヨン 小々波と湖岸の戯れ…

 

f:id:toshi-kuma25317:20180416210836j:image

 

 

 

 


去年の夏 描き終わった

 


油彩です

 

 

 

 

カンバスは 敢えて F-30号

 


湖岸と小々波の戯れを描きました…

 

 

 

 

スイス レマン湖畔に佇む

 


中世の古城 シヨン

 

 

 

 

記憶を辿りながら 

 


あの懐かしき想いに 耽りたく…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中世の古城シヨン あの感慨に耽りたく…

 

f:id:toshi-kuma25317:20180413104929j:image

 

 

 

 


此度は遊び心で

 


海外の景勝地を絵にしてみた

 

 


所要時間は一時間ちょっと…

 

 

 

 

モチーフのレマン湖

 


琵琶湖よりもほんの少しだけ小さな

 


三日月型の湖…

 

 

 

湖畔には中世の古城シヨンが

 


何時までも色褪せること無く

 

 

浪漫な姿で佇む…

 

 

 

 

十三、四のときに一度

 


油彩で描いたことがある

 

 


其れは 私の中の

 

 

飛び切り楽しい記憶…

 

 

 

 


その頃を想い出しながら

 


鉛筆で描いてみた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松代 情景

 

f:id:toshi-kuma25317:20180413105943j:image

 

 

 

 


鉛筆画  松代情景…

 

 

 

 

 

畝の向こうに     

 

 

 

皆神( みなかみ )と

 

 

 

尼巖( あまかざり )…

 

 

 

 

 

 

本当の日本へ

 

 

 

穏やかで  優しき 

 

 

 

古代縄文の日々へ…

 

 

 

 


    

想い巡らす  とき…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花からのメッセージ (鉛筆画)

 

f:id:toshi-kuma25317:20180408104513j:image                                                                              紫陽花

 

 

 

   

       紫陽花からの  メッセージ

 

 

 

 


        幾つもの     色あるゆえの

 

 


        移り気か…       

 

  

     

        ひっそりと    力強く…

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                

春 信州 青木湖にて…

 

f:id:toshi-kuma25317:20180408103338j:image                                                                     信州 青木湖

 

 


水和みても

 

 

白馬の姿 移ろいて

 

 

 

いつも寄り添う 仁科の湖水

 

 

どこか悲しく 澄み渡る…

 

 

 

 

 

 

かつて 私は糸魚川から

 


左手に頚城の山々を眺めながら

 

 

 

白馬(はくば)に逢いに行くのが

 


好きだった

 

 

 

あの突然 真正面に現れる

 


真白き巨大な水晶

 

 

 

白馬岳(しろうまだけ)と後立山連峰

 


心ときめいた…

 

 

 

 


そして 山々の麓に 

 


異様な建造物など あるはずもなかった