我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、古代から紡ぐ本当の日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、何とかしなければと想います。珠玉の武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが舞い降りて来てくれました。天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を。

昭和十九年 今いる友に捧ぐ そして後世の日本人へ捧ぐ…

f:id:toshi-kuma25317:20180313114614j:image

 

 

敷島の 大和ごゝろを 人問わば

朝日に匂う 山桜花

 


昭和十九年十月二十五日は

今生に於ける 僕らの別れでした

 


予科練甲飛十期の友たち


其れに近頃知り合ったばかりの友たち

永峰くん そして大黒くん…

 

 

今 目の前にいる

大西瀧治郎中将の 労いの言葉が


僕の腑(はらわた)に染み入るかと

問われれば

 

確かに其の様に感じたかも知れませんが

 


僕の本心を以ってすれば…

 

君たち 友のこと

君らの秘めた心情やら

ご家族の方々のことなど


そちらのことに

些か気を取られていた様に想います

 

 

日本のこれからのこと…

 

子供たちが明るくはしゃぐ姿や


女性たちが希望を持って

優しく艶やかに過ごせる世の中が


きっと来るだろう とか

 

母に済まない とか…

 

 

水盃は味気無く


片道切符の別れには

確かに似合っていたのかも知れません

 

 

僕らは大和隊 朝日隊 山桜隊

そして敷島隊に分かれ 征きました

 

唯一 靖国の桜の花の下で

逢えることも


今となっては 楽しみの様に想います

 


僕は君たちの真心を決して 忘れません

 

 


そして 残った日本男児よ…


貴方たちには

ささやかな 伝言があります

 


いつも 雄々しくあって下さい

 

これから生まれる子らに

夢と希望を与えて下さい

 

決して 私利私欲に走らないで欲しい

 

 


僕らは そう願っています

また 信じています

 

 


故郷で桜の花を見たことが

つい 昨日のことの様に想えます

 

 


        神風特別攻撃隊 敷島隊 中野 磐雄

 

 

 

 

 

さくら さくら

 

のやまもさとも みわたすかぎり

 

かすみかくもか あさひににおう

 

さくらさくら はなざかり

 

 

さくらさくら

 

やよいのそらは みわたすかぎり

 

かすみかくもか においぞいずる

 

いざやいざや みにゆかん…

 

 

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20180313155752j:image