我が心の大正浪漫

明治維新以降の日本は、日本人の意思とは違った歩みをしている様に想えてなりません。穏やかな風土と 天に通じる唯一の言語 日本語を持しながら、自らの良さを感じ取れない このもどかしさを、日本人として 何とかしなければと想います。武士道が 明治維新により一度は破壊され掛けた時に、この国に天使たちが降りて来てくれました。その天使たちは文学に勤しみ 芸術を愛し 教養を身に付け、その精神性を極限まで高め、大東亜戦争で散 って行きました。そして彼ら亡き後、日本は 今日の悲しき姿となっております。本当の日本を未来へ紡ぐ。

松島讃歌…或る 昭和の 忘れ難き日

f:id:toshi-kuma25317:20170131043914j:image                                                         仙台駅構内の仙石線

  

仙石線に乗って 松島へ行った

三歳の私にとって 人生初の遠出であった

 

海が大きいかどうか とても興味があったし

それは 自分の中では この旅の最大のテーマでもあった

 

車窓越しに見える海は

私にとっては勿論 初めて見る海…

 

年齢的なものと言うより 恐らくは

持って生まれた 性格なのか

 

何故か 驚きが全く無かったことを記憶する

 

幼い私が驚くのを 楽しみに

連れて行ってくれた両親に対して

今想えばではあるが 甚だ遅れ馳せながら…

 

愛想の無い反応しか出来なかった 気恥ずかしさと

在り来たりだが 感謝の気持ちで 一杯である…

 

これは 光り輝く昭和三十年代の

人々が 未だ未だ 希望に満ち溢れていた時節の

私にとっての特別な一日の 記憶である…

  

 f:id:toshi-kuma25317:20170131044306j:image                                                                       現在の松島

  

三歳のとき 両親と一緒に松島へ行った

 

三歳も ふた月み月は過ぎていたので

この頃の記憶に残っているものは 些か鮮明である

 

しかし 伊達駅から仙台駅までの記憶は 全く無い

 

覚えているのは 松島に着いて水族館を観たこと

 

遊園地で飛行機に乗って 下にいる母親に手を振ったら

あの愛想の薄い母親が満面の笑みで 思いっきり

手を振っていたこと

 

松島から仙台駅に戻る汽車の中

父親が満足気に 私に話し掛けた時のこと

 

「 おい としのり… 海はでっかいだろう びっくりしたか 」

 

私が想ったままに言ってしまったこと

「 なーんだ こんなの海かい 沼だよない つまらねえ 」

 

子供ゆえの滑稽さ なのだろうか… 

汽車の中の大人たちに 受けてしまった

 

「 お兄ちゃん そんなこと言ってだめよ

お父さんもお母さんも がっかりするからね 」

どこぞの おばちゃんが 優しく言ってくれたこと…

 

皆んなで和みながら仙台駅に着いた

 

しかしその後 仙台駅での待ち時間が長くて 大変

だったこと

 

  

f:id:toshi-kuma25317:20170131044041j:image                                                                        昔の仙台駅

 

当時は何と何と 全てが蒸気機関車

エアコンどころか 冷房さえも当たり前に無いので

汽車の窓は全開…

 

仙台駅の構内やホームには 沢山の汽車たちが停車を

していて どれかが走り出した

煙いのなんのって それはもう凄いものだった

 

そして 駅弁売りが

「 えー  べーんとー  べんとべんとー

べーんとー  だよっ 」

多分これで間違い無かったかと 記憶する

 

買ってもらった

巻き寿司を 買ってもらった…

 

自分が知っている海苔巻きとは違って

真ん中には色々な具が入っていて 驚いた

見たことが無い

 

海苔の代わりに 玉子焼きで巻いてあった

美味かった…

 

その内にまた そこいらの汽車が走り出し

真っ黒い煙をモクモクと掛けられる

私は負けじと 巻き寿司にかぶりつく…

 

  

f:id:toshi-kuma25317:20170131044109j:image                                                         昭和の駅弁売り風景

  

仙台駅を後にする時 私はもう 眠りに就いていた

 

不便さも一種の贅沢だとか 別の楽しみであるとか

考え方は色々あるとは想うが  私はこう考える

 

当時は不便だった

色々思い通りにならないのが 普通…

 

その中に ほんの少しの便利さだとか

微々たる快適さだとか

美味いものを食べれる幸せだとか

 

ほんの少しの贅沢や満足を

探すこと自体が 幸せであった…

 

だから 助け合うことが当たり前に出来たし

互いに満足を知り 幸せをしっかり見詰め

それを感じ合うことさえも 出来た

 

 

蒸気機関車が消えてから

右肩上がりで SL人気が上昇し 今では高値安定…

 

今の時代の 数多のSLファンたちには

到底味わえ無いであろう 飛び切りの贅沢を

 

 

日常の暮らしの中で

 

貧しい時代に 

 

私は沢山 味わえたのである…

 

 

 

           長いモクモクと 大きな沼 そして玉子巻き

                   とある昭和の日に於ける 心の浪漫 より…

 

 

 

 

f:id:toshi-kuma25317:20170131044204j:image                                                  昔の仙台駅と蒸気機関車